2017-07

散歩写真

阿蘇に赴きカメラを構える。手に持つはフィルムとデジタル。

 最近炎天下といった具合で急な暑さに悶えている所。少しでも涼むためにと阿蘇へ赴いた訳であるが、日陰はかろうじてその涼しさを風が運んできてくれるものの、刺すような日差しが照り付けて、少しぼーッとなっている。帰宅後はその日差しによる疲労感。お風...
2017.08.04
散歩写真

フィルムカメラ。新町坪井川界隈を歩く。熊本城も。

 私がこれまで苦手としてきたのは、街角でのスナップ。それが何故かというと、私の場合ではあるが街中を一眼レフをもって歩き回るのは結構恥ずかしいのである。それに何故かデジタルで撮る街角スナップの撮り方についてあまり分かっていなかったり。そんなと...
2017.08.04
散歩写真

フィルムスナップ。深々としたアンダーで撮る。

 フィルムスナップの練習をしていて気づいた事があった。それは適正露出というものを守らなければならないという点だ。おそらくフィルムで撮影する段階では、黒つぶれも白飛びもしないことが前提なのかもしれない。今回撮影した作品は殆どアンダー露...
2017.08.04
散歩写真

フィルムで見る撮る遊ぶ熊本という街

 ミノルタのTC-1でスナップを撮り歩いたこの日。熊本の「街」にはジャズの音色が響いていた。丁度Street Art-plexというイベントがあっていた訳で、それを狙って行ったわけではないのだけれど、とても有意義な夕暮のひとときを過ごすこと...
2017.08.04
私感

もっと素直になろうよ。私。

 暫く一眼レフで撮っていて、感じていたのはどんどん視野が矮小化していくというか先鋭化していくというか。良くも悪くも「撮らない」という選択肢の方が増えて行っているという感じだった。撮る前から出てくる像が大体理解できるし、「これはイメージ通りに...
2017.07.23
美術/博物/展覧会

ヒットの核心に迫る。光と影。そこに焦点を当てるジブリの大博覧会。

 ジブリはヒットを量産することに成功した商業アニメとして、いくつもの金字塔を打ち立てている。今でも老若男女に影響力があるスタジオであることは間違いないだろう。熊本でもレイアウト展や立体建造物展など展覧会が開かれ、多くの人々が訪れていた。様々...
2017.08.04
美術/博物/展覧会

生頼範義。至高のイラストレーションとその素晴らしき世界を堪能する。

スターウォーズ。ゴジラ。ジュラシックパーク。三国志。宮本武蔵。月刊ムー。江戸川乱歩。等々こうした本や映画を知っているであろうか。いやむしろいずれも知らないというほうが難しいかもしれない。 そうした超有名なタイトルの装丁やポスターなどを...
2018.12.17
散歩写真

とある日の梅雨空。

 もう7月。2017年はようやく梅雨らしい気候となってきている。 空を眺めて-7月2日の梅雨空 熊本市街の梅雨空  私が空を入れて撮影するというのは非常に珍しい。しかしこの季節、空の表情の豊かさには目が離せないのである。その変...
2017.08.04