2017-05

写真論考

自然。物言わぬ被写体に対するという事。岩合光昭氏のNHKプロフェッショナルを見て思う事。

岩合光昭氏のプロフェッショナルを見て思う事 撮らせてもらえるものを撮る  岩合光昭氏のNHKプロフェッショナルはとても面白いものだった。いくつか心に残ったものがあったのであるが、その中の一つ。自分が撮りたいショット。ライオンの狩りのシー...
2017.07.03
おすすめ

阿蘇紀行-ASO GLOBAL GEOPARK- Vol.7 古坊中を更新しました。

メインサイトにて阿蘇紀行-ASO GLOBAL GEOPARK- Vol.7 古坊中を更新しました。
2017.06.23
散歩写真

鹿児島の早朝、トンビと街。

 鹿児島の旅、夕暮時に宿泊場所を探したのであるが、最上階に宿泊できた。その為鹿児島市街を一望することが出来たのである。考えていた値段よりは少し割高ではあったが、早朝鹿児島市街をトンビが飛び回る姿を見てとても楽しんだ。 鹿児島の...
2017.06.23
読書考

内村鑑三著。デンマルク国の話を読む。

 「・・・国は戦争に負けても滅びません。実に戦争に勝って滅びた国は歴史上けっして少なくないのであります。国の興亡は戦争の勝敗によりません、その民の平素の修養によります。善き宗教、善き道徳、善き精神ありて国は戦争に負けても衰えません。否、そ...
2017.07.01
特集

いおワールドかごしま水族館で驚きの連続。

 鹿児島旅で自然を撮り続ける旅にしたかったのだけど、天気は下り坂。途中から山特有の土砂降りになってしまった。そういえば今回2日間の旅であったのだけど、この2日だけが鹿児島は天気が悪く、その次の日にはとても美しい桜島が拝めたそうな。次回赴くと...
2017.08.04
特集

鹿児島/錦江町の渓谷散歩。花瀬自然公園の千畳敷。

 錦江町には面白い地形が残されていて、この天然の石畳千畳敷も有名なスポットで2kmにもわたっている。ちなみにこの場所も雄川で、滝とは違った趣きを楽しむことが出来る。夏になると水量も少し多くなり、千畳敷いっぱいに水が広がる。そこで水遊びを楽し...
2017.07.01
特集

鹿児島/錦江町・雄川の滝。そこは神秘と脅威を同時に感じとる場所。

 久しぶりに遠出が出来そうな目途が付いたので鹿児島へ。しかし私が出かけるぞと意気込む矢先、しばらく好い天気だったはずだったのだが、天気は下り坂との予報。しかし渓谷内だからこそ赴けばなんとかなるさと出かけることにした。初日は曇り空だったため、...
2017.07.01
読書考

土井善晴著。一汁一菜でよいという提案を読む。その思想を読み解く。

「一汁一菜でよいという提案」を読む 実は私も料理が好きである。好きではあるが上手くはない。ただその行為が楽しいのである。しかしただの一つも母の味噌汁と祖母のおにぎりには叶わないのである。ご馳走を食べてもそのあとのご飯と味噌汁の味にほっ...
2017.07.01
散歩写真

二年前の若葉の頃の鞍岳。あせび。

 先日。鞍岳での馬酔木の若葉の美しさをご紹介したのだけど、もう少し時期を置くと色のグラデーションがとても良くなる。橙、黄、緑。そんな移り変わりが美しい。今、通勤の途中で木々を見ると、瑞々しい緑色から、深い緑色に変化してきている。もうすぐ夏も...
2017.07.01
散歩写真

春霜早朝の立田山。栴檀の花が美しい。

夜露がついた草花が朝日を浴びるとともに少しずつ少しずつ、輝きを増す。朝特有の光というのは柔らかで、それでいて明るい。森の狩人たちは早起きで、忙しなく飛び回っていた。 この晩春の立田山の早朝の姿をお伝えしたい。 春霜の立田山 栴檀の...
2017.07.03
写真論考

森末はじめの世界と講評

私のブログでイラストを担当している妻の写真を掲載。本人の希望で、感想&一言コメント。しかし私よりうまいのではないかという疑問。 森末はじめの世界&講評 滝坂次郎 :左側にピントが合っている。作品として素晴らしいのだが、右側の葉...
おすすめ

お知らせ:「阿蘇紀行-ASO GLOBAL GEOPARK- Vol.6 鞍岳」を更新しました。

メインサイトで紀行「阿蘇紀行-ASO GLOBAL GEOPARK- Vol.6 鞍岳」を更新しました。
2017.06.23
特集

菊池渓谷の再開を願って。

 しばらくの間。復旧には時間が掛かると言われている菊池渓谷。H29.5.19現在のところ再開のめどは立っていない様子。菊池渓谷は阿蘇山系の恵みの一部で、多くの行楽客が訪れる有名スポットであった。 現在多くの方のご尽力で、少しずつ元の姿を取り...
2017.07.03
おすすめ

お知らせ:「生きとし生けるもの瞬-晩春の鷺コロニー」を更新しました。

2017.05.18/「生きとし生けるもの瞬-晩春の鷺コロニー」はメインで更新。
2017.06.23
散歩写真

“阿蘇”は人と同じ。二重ノ峠。草花と昆虫。

 昨日。結構色々な所を巡り、その中で阿蘇にも赴いた。阿蘇はいつ行っても素晴らしい。私にとっては飽きるという事は無い。閑話休題、私は恋人に飽きるという感覚の人が不可思議で仕方がない。人間に飽きるなんてどんなに寂しい事だろうか。どんなに長く付き...
2017.07.01
おすすめ

お知らせ:「生命の瞬-晩春の鷺、燕」更新してます。

2017/5/16 はメインページにて更新してます。
2017.06.23
読書考

吉村昭著。高熱隧道を読む。

 私は先日訪れた池島炭鉱を見学していて、ついこの"高熱隧道"を思い出してしまった。隧道を掘削する際の過酷な現場。そして緻密な描写。おそらく炭坑労働者も同じような境遇であったに違いない。確かに池島炭鉱のように戦後の炭坑はそのような意味において...
2017.07.07
私感

母の日に捧ぐ。カーネーションのポートレート。

 カーネーションは野生のセキチクから作られた園芸植物。おしべが花びらに変化したという。F16まで絞り込んで撮影している。やはりこうした正面からの写真は三脚で絞り込んだ方がディティールが出て好い。  花のポートレートも春には様々...
2017.07.01
散歩写真

立田山、さんぽde早起き。朝の景色を眺めて。

 写真を撮りに行く場合、光の強さやコントラストの関係やマジックアワーと呼ばれる朝日夕陽の関係上、早朝や夕暮時が最も効果的なのだ。しかし私の場合、早朝は殆どコーヒーなどを啜ったりしていて、出かけることがない。しかし珍しい事に本日は夜明け前に準...
2017.07.01
散歩写真

熊本港親水緑地公園で野鳥観察。満潮の偵察。

 以前の話であるが、熊本新港周辺にも干潟があり、そこにクロツラヘラサギが集まっているという記事を熊本日日新聞で拝見した事があった。一体そこは何処なのだろうと考えていたのだが、最近コンテンツ「有明紀行」を作っているうちに、風景だけでなく、水鳥...
2017.06.23